トリコモナス膣炎

トリコモナスという原虫が膣内に寄生して膣に炎症が起きる病気です。ほとんどの場合、男性の尿道や精液にいたトリコモナスが性交で膣内に入ってうつります。男性では症状がほとんどないので知らないうちに女性に感染させてしまうのです。まれに便器、浴場、下着、タオル、指など性交以外によってうつることもあります。間接感染といいます。

おりものが増えて臭うとか外陰部がヒリヒリして痛い、尿や水がしみるといって来院される方が多いです。ふつう生理の後に症状が強くなります。診察すると外陰部や膣が赤くなり、悪臭のする黄色い膿状のおりものが多量にでていたり、やや緑がかった色のさらさらしたおりものに細かい泡があることが多く、膣部という子宮の入り口付近に小さなややもり上がりのある出血斑があるといったこと等からトリコモナスに感染してることがだいたい予想がつきます。診断を確定するにはおりもの(帯下)を顕微鏡で見てトリコモナス原虫を確認する必要があります。

治療はフラジールやハイシジンという薬を10日間ほど使います。膣剤だけでなく内服薬も一緒に使います。トリコモナスは膣内だけなくバルトリン腺や尿道、膀胱といった近くの臓器にも感染している可能性があるからです。内服薬を使っている間はお酒は飲むことはできません。治療が終わってから2週間くらいしてトリコモナスがいなくなっているかどうか検査で確認する必要があります。女性が感染しているときパートナーの男性もほとんど感染していますので、男性に症状はなくても2人が同時期に治療する必要があります。両方ともに完治していないとピンポン感染となり再発を繰り返すからです。